HOME > 公社概要
head_img

公益財団法人静岡市まちづくり公社概要

1.所 在 地  〒420-0035 静岡市葵区七間町12番4 MIRAIEリアン2F
         電話:054-255-8919 FAX:054-255-9503
2.理 事 長  松 本 泰 典

3.基 本 財 産  386,300,000円(全額静岡市出資)

4.設立年月日  昭和16年7月17日

5.設 立 経 緯
①昭和16年7月17日
 昭和15年1月15日発災した静岡大火の義捐金の残預金300千円をもって住宅の経営、産業の振興等市民の福利施設を講ずるため、「財団法人興静会」として設立
②昭和36年
 宅地造成及び分譲事業を加え「財団法人静岡市振興公社」と改称
③昭和48年
 宅地分譲事業を土地開発公社に委譲
④平成4年
 駐車場及び市の管理施設を受託するため目的及び事業を追加変更
⑤平成16年8月1日
 財団法人静岡市清水振興公社(昭和39年8月1日設立)を統合、全事業を継承
⑥平成19年10月
 都市基盤整備事業に参画
⑦平成23年4月
 まちづくり支援センター開設
⑧平成24年4月1日
 公益認定を受け、名称を「公益財団法人静岡市まちづくり公社」に変更
⑨平成26年7月1日
 本社機能を七間町「MIRAIEリアン」(元静岡東映会館・ピカデリーZERO)へ

6.職 員 数  157名(正規職員26名・準職員12名・その他職員119名)
          ※平成28年4月1日現在


 

主な事業内容

1.事業方針
 まちづくり支援事業、スポーツ・健康増進事業、文化教養事業及びコミュニティの場の提供を通じて、健やかで文化的な市民生活の向上と快適な地域社会の実現を図り、もって活き活き暮らせる静岡市の創造に寄与することを目的として事業展開してまいります。

2 事業の概要
(1)まちづくり支援事業(公益目的事業1)
 静岡市中心市街地活性化基本計画に基づき、まちづくりに関わる全ての事業内容に目を配り、中心市街地の「まちなかの賑わい再生」と「都市機能の増進」を図るためのさまざまな活動を行っていきます。

①コミュニティホール七間町
 コミュニティホール七間町では、「商業活力の強化」事業として、地元商店街と連携した「講演会」の開催、商店街のあり方に関する勉強会の開催や地域の課題解決のために実施するエリアマネジメント等に取り組んでいます。また、「都市機能の増進」事業として、魅力あるまちづくりのための事業を考えるパネル展や勉強会を開催する他、各種セミナーやシンポジウム等を定期的に開催し、行政関係者、商店街店主、建築関係者、デザイン・コンサルティング関係の専門家や学生・一般市民等に広く参加を呼び掛けています。主な実施事業は次のとおりです。

・「講演会・勉強会・ミニセミナー」
・「ワークショップ」
・「施設貸与」
・「空き店舗対策」
・「イベント支援・推進事業」
・「相談・助言」
・「エリアマネジメント」

②チャレンジショップ
 静岡市の中心商店街及び周辺商店街において、新しい発想で店づくりを目指す事業者や集客力のある事業者や団体を対象に、コミュニティホール七間町のスペースで自ら商品販売やサービスの提供ができる場を提供していきます。

③まちなか情報発信事業
・「まちなか駐車場情報発信事業」
 商店街、大型店、駐車場事業者等に働きかけ、中心市街地に車で来る方々へのサービスの向上と道路交通の円滑化等を図ることを目的として、中心市街地への来街者に対してシステムを周知し利用拡大を図っていきます。
・「歴史文化情報発信事業」
 駿府城公園の体験学習施設である坤櫓を活用して、駿府城をはじめ徳川家康公、駿府の城下町について来館者に情報発信し、歴史文化の教養の向上と駿府城周辺の史跡旧跡などへの回遊性の向上を図ります。

④受託事業
・道路パトロール管理業務受託事業
 本事業は、公共道路の異常箇所を早期に発見することにより、円滑で快適な交通環境を維持し、また事故防止となり道路利用者及び周辺住民に利益が増進されます。事業の実施は、原則として車中からの目視による道路パトロールであり、施設等管理支援技術者の資格を有する当財団職員が実施していきます。


(2)スポーツ・健康増進事業(公益目的事業1)
 静岡市が設置している7つの公共施設の指定管理者になることによって、市民を対象にスポーツ意欲と技術の向上、健康づくりのための知識の普及を行い、余暇の利用を充実するよう支援し、心身の健全な発達を目的として、各種スポーツ・健康増進事業を実施していきます。

<施設一覧>
・清水ナショナルトレーニングセンター(J-ステップ)
・日本平運動公園球技場・庭球場(IAIスタジアム)
・清水蛇塚スポーツグラウンド
・清水庵原球場
・ふれあい健康増進館(ゆらら)
・東部勤労者福祉センター(清水テルサ)
・北部勤労者福祉センター(ラペック静岡)

<実施する主な教室等>
・スポーツ、健康増進に関する教室・講座
 自由参加型スクール、フィットネス講座、1日健康プログラム、体力測定、健康チェックの日、コアストレッチウォーキング、心拍計ウォーキング、健康フェスタ、秋の体力チェック他
・幼児、少年少女向けスポーツ教室
 キッズテニス、キッズバスケ、親子deうんどう、ベビーエクササイズ、幼児3B体操、少年野球教室、中学校野球部員実技講習会、総合スポーツ型キッズクラブ、スポーツクリニック他
・エンジョイスポーツ教室
 硬式テニス教室、空手教室、らくらく体操、軟式野球教室、フットサル大会、地区対抗ナイター他
・食育・健康に関する教室
 手前味噌づくり、梅サワー、手作りうどん、家庭菜園教室他
・リフレッシュ教室
 遊水地散策他


(3)文化教養事業(公益目的事業1)
 市民の文化・教養に触れる機会とコミュニティの場を提供することにより、文化教養知識を向上させ、文化の振興と豊かな人間性を涵養することを目的として、余暇利用の充実支援も含めた各種文化教養事業を実施していきます。

<施設一覧>
・清水ナショナルトレーニングセンター(J-ステップ)
・日本平運動公園球戯場・庭球場(IAIスタジアム日本平)
・ふれあい健康増進館(ゆらら)
・東部勤労者福祉センター(清水テルサ)
・北部勤労者福祉センター(ラペック静岡)

<実施する主な教室・講座>
・文化教養講座
 スタジアム見学会、芝生教室、中学校父母審判技術講習会、中学校野球規則講習会、パソコン講座、カレッジ講座、吹奏楽コンサート、テルサ文化祭、ゴスペルコンサート、HOMETOWNコンサート、着付け教室他


(4)地域振興支援事業(公益目的事業1)
 地元地域のPRと地域活性化及びコミュニティの場の提供を目的として指定管理施設の会場を活用し事業を実施していきます。また、静岡新聞社・静岡放送主催で開催される「しずおか元気応援フェア」において、当公社専用ブースを設置し、各施設において実施している健康増進に関する活動を、多くの市民に知ってもらうPRの場として普及啓発活動を実施していきます。施設を活用した地域振興支援事業は次のとおりです。

<施設一覧>
・清水ナショナルトレーニングセンター(J-ステップ)
・蛇塚スポーツグラウンド
・ふれあい健康増進館(ゆらら)
・東部勤労者福祉センター(清水テルサ)
・北部勤労者福祉センター(ラペック静岡)
・静岡ヘリポート

①J-ステップを活用した地域振興支援事業
 地元清水の代表的なお祭りである「清水みなと祭り」で行われる「港かっぽれ総おどり」にJ-ステップチームとして参加していきます。

②蛇塚スポーツグラウンドを活用した地域振興支援事業
 管理施設のある蛇塚地区の自治会、地元地域学校児童と協働し、地場産品であるイチゴ等を活用したブースの設置や「若駒太鼓」、「もちつき大会」、「身体・体力測定の健康コーナー」を企画し、地元地域のPRと活性化及びコミュニケーションづくりを目的に「蛇塚まつり」を実施していきます。
 また、清水特別支援学校との交流事業として、清水サッカー協会の協力を得て「サッカー教室」を開催し、教室終了後に「流しソーメン」を体験して頂いて、地域社会の発展、障害者支援、豊かな人間性の涵養を目的に実施していきます。

③健康増進館を活用した地域振興支援事業
 地元と協働しながら、子供たちには「自然、環境保護への関心」、大人には「家族と触れ合う時間」、高齢者へは「様々な事にチャレンジして充実した高齢期を送るための支援」など世代交流を兼ねることを目的とした四季折々のイベントを実施し、地域振興に役立てていきます。具体的には、春開催イベントとして、地元農家指導による「ジャガイモ掘り体験」他を実施しています。夏開催イベントでは、「竹で作った流しソーメン」他、地元有識者の案内や指導により実施していきます。秋開催イベントは、「トンボ観察会」、「サツマイモ掘り体験」、冬開催イベントは、「芋煮会」、「手作りうどん教室」、「もちつき大会」他を実施しており、自然環境を利用した時事に即したイベントを地域とともに実施していきます。

④清水テルサを活用した地域振興支援事業
・こども海洋環境講座
 地元の海岸で起きている環境の実態、生物生態に与える環境汚染を知ってもらい自然の大切さを学び、自分達でできる環境保全・改善するための方法を考え、創造することを目的とし、小学生を対象に「こども海洋環境講座」を実施していきます。内容は、海上保安庁清水海上保安部の協力を得て、プロジェクターによる「海上保安庁の仕事紹介」、「うみがめマリンの大冒険」、環境マンガ「海のチビッ子博士シンちゃん」、「未来に残そう青い海」、「魚が住める水の実験」を実施していきます。
・環境フェスタ
 様々な角度から自分の環境を見直し、積極的にエコやリサイクルに目を向けた生活を始めるきっかけづくりの場の提供と情報発信により地域振興の健全な発展を目的に「環境フェスタ」を開催しています。内容は、共催・協力者による、「静岡市のゴミの発生状況・費用・最終処分場の様子」、「もっと得するエコライフ」、「マイ箸袋づくり体験」、「牛乳パックを使って子供工作」、「ペットボトルキャップリサイクル」、「おもちゃ修理」他のブースを設けて、地域振興と情報発信に努めていきます。

⑤ラペック静岡を活用した地域振興支援事業
 地域住民を中心に、市民・勤労者を対象として施設と各種の事業紹介を行うとともに、「市民および勤労者の文化教養の向上」と「健康増進」、「余暇利用の充実」を目的に毎年末に「ラペックまつり」を実施していきます。内容として「体験会」「発表会」「展示会」と大きく3つに分け開催し、参加者による体験を広く実施しています。
・体験会
 ママベビ全員集合「アスレチック&ゲームコーナー」、「フィットネス無料体験レッスン」、「クリスマスミニリース作り」、「ステンドグラスでフォトスタンド作り」、「無料パソコン体験コーナー」を実施していきます。
・発表会
 ウクレレ、愛唱歌の受講生が日頃の練習の成果の発表の場として「ラペッククリスマスコンサート」を、ジャズダンスの受講生がダンスパフォーマンスを披露します。また、社交ダンス講師によるデモンストレーションを実施していきます。
・展示会
 カレッジ講座(フラワーアレンジメント、ステンドグラス、陶芸、着付け)の受講生の作品展示や受講風景の紹介、地元地域のS型デイサース及び子育てサロンの活動風景の紹介などを実施していきます。

⑥静岡ヘリポートを活用した地域振興支援事業
・ヘリポートまつり
 市民コミュニティの場の提供及び施設の周知・理解の向上、防災の普及・啓発、地域インフラの周知を目的に「ヘリポートまつり」を実施しています。開催内容は、「けむり体験コーナー」、「静岡市消防航空隊のデモフライト」、「静岡空港を拠点とするフジドリームエアラインのPRコーナー」、「ちびっ子スタンプラリー」、地元自治会による「屋台村」他のコーナーを設けて実施していきます。
・施設見学会
 当財団が管理する指定管理施設の子供を対象とした教室の受講生を静岡ヘリポートに招待して、静岡市消防航空隊の協力を得て施設見学会として、ヘリコプターを間近で見ながら「消防ヘリコプターの役割の説明」、「DVD視聴」、「降下訓練の見学」を防災・消防活動の普及・啓発を目的に実施していきます。

⑦施設見学授業
 静岡大学と「包括連携に関する協定書」を締結し、その事業の一環として、施設一覧に示した施設を同学学生の学外施設見学の場として提供し、生涯スポーツに関する指導者の普及・育成を目的に実施しています。学生は、授業の一環としてスポーツ経営学視点を中心としたテーマに則り、実際の現場を見学・体験し、リアリティある体験学習を実施していきます。


(5)低額所得者向けの住宅の建設及び経営・運営に関する事業(公益目的事業1)
①公社所有住宅の賃貸
住宅及び生活に困窮している市民のために、低廉な家賃で居住できる住宅を提供して、市民の生活環境の向上を目的として昭和42年から実施しています。

<賃貸物件>
古瀬名アパート:貸付戸数24戸 貸付料月額18,800円(うち6戸22,000円)
新間アパート :貸付戸数16戸 貸付料月額17,600円(うち1戸22,000円)

②静岡市営住宅
 管理業務につきましては、市営住宅全体の状況と地域の実情を的確に把握・理解し、入居者の個人情報保護をはじめ入居者の募集や施設の修繕、清掃等においてこれまでの当財団が蓄積した13年間の実績と経験を活かし指定管理者に求められる責務を自覚しつつ、3区の市営住宅を中立・公平・公正な立場で一体的に管理して、住宅管理の効率化を図るとともに、地域の実情に応じた入居者対応を的確に行うことによって、市民サービスの向上を図り、安心・安全で快適な住宅の提供と生活環境の安定を図っていきます。

管理戸数:葵区3,120戸 駿河区1,672戸 清水区2,509戸 合計7,301戸


(6)防災・被災地及び過疎地支援事業(公益目的事業1)
 当財団は、まちづくり支援センターを活用して災害時における被災地を支援する事業を実施します。東日本大震災においては、支援団体(SAVE IWATEしずおか)との連携を図り、支援物資の募集事業、経済支援事業としてまちづくり支援センターを活用して「いわて物産市」を2回実施して、被災地の物産を販売し、必要経費を除いて得た利益全てを支援金として支援団体に寄付しました。
 経済支援活動として被災地の農商業者との連携を図り、静岡で最も活気がある商店街のイベント・行事に参画し、被災地の方々を農商物販品持参で静岡に招いて来街者とのコミュニケーションにより被災状況等の情報周知に寄与するとともに、被災地の方と静岡の商店街及び来街者との絆を深める事業を展開しました。いち早く情報収集を行い、いち早く情報発信を行うことで、被災地支援をスピーディに行い、一刻も早い復興を願い支援活動を実施しています。このほか、被災地支援のための募金活動をはじめ、支援活動の報告会や被災地の状況パネル展示等の事業を実施しています。
 静岡ヘリポートにおいては、広域医療搬送拠点であり同ヘリポートが防災機能を有していることから、防災・被災者支援及び医療運搬に活用される静岡ヘリポートの管理運営を受託し、防災・被災地及び過疎地(静岡市における山間地等)支援の一助を担っていきます。


(7)駐車場の経営・運営及び警備業法に基づく業務(収益事業1)
 静岡市中心市街地等における駐車需要に対処するために自動車駐車場を経営して、市民サービスに努めています。

当財団所有駐車場
・静岡駅北パーキング 収容台数200台 24時間営業
・千歳橋駐車場 収容台数38台 24時間営業
・柳橋駐車場 収容台数54台 24時間営業
・古瀬名月極駐車場 24区画
静岡市有財産等を借受け経営する駐車場
・市役所有料駐車場(行政財産目的外使用許可)収容台数80台 土日祝営業(9時~20時まで)
・興津駅前暫定駐車場(行政財産目的外使用許可)収容台数14台 24時間営業
・羽鳥月極駐車場(市有財産貸付申請)40区画
・堤町月極駐車場(市有財産貸付申請)44区画
・第2堤町月極駐車場(行政財産目的外使用許可)28区画
・由比・蒲原地区月極駐車場7箇所(市有財産貸付申請)79区画
静岡市から受託して実施する駐車場
・静岡庁舎新館地下駐車場管理業務(来庁者用無料駐車場)


(8)その他収益事業(収益事業2)
①レストラン・売店に関する事業
 指定管理施設の敷地内に行政財産目的外使用許可を得て売店を設置して施設利用者に対しサービス提供していきます。

<レストラン設置場所>
・清水ナショナルトレーニングセンター(J-ステップ) 1店舗

<売店設置場所>
・健康増進館 2店舗、軽食自販機1台
・駿府城公園 1区画

②店舗付き住宅等の賃貸
<賃貸物件>
・安倍口団地店舗付住宅19号棟
 貸付戸数10戸 貸付料月額58,000円 倉庫貸付料4,000円
・MIRAIEリアンテナント賃貸
 貸付戸数1戸 貸付料月額1,000,000円


 

ページトップに戻る